自然光スタジオ 外観

都内から車で90分 モダン建築150坪の自然光スタジオ

1997年に、北川原温建築都市研究所 北川原温氏の設計によりニット工場として建てられた建物を、2003年にオーナー自らのプロデュースで撮影スタジオとして転用した、広さ340坪の自然光スタジオ。全体のデザインはもちろん、杉板を使った下見張りの外壁とフローリング、オリジナルのスチール窓枠や階段など、建築家のこだわりが細かなところにも随所に見られ、撮影の幅を広げて頂けるクリエイティブな空間です。